当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護福祉士・ケアマネージャーになるための具体的な方法を徹底解説!

PR―介護士の就職・転職

高齢化社会が進む現代、介護業界は人材不足が深刻化しています。

そんな中、介護福祉士やケアマネージャーは、高齢者やその家族の生活を支える重要な役割を担っています。

この記事では、介護福祉士とケアマネージャーの仕事内容、資格取得方法、キャリアパス、年収など、それぞれの詳細情報を解説します。

さらに、それぞれの資格取得を目指すための具体的な学習方法や、役立つ参考書籍・資料についても紹介。

1. 介護福祉士とケアマネージャーの違い

1.1 介護福祉士

介護福祉士は、高齢者や障害者、傷病者などの日常生活の支援を行う国家資格です。具体的には、食事や入浴、排泄などの介護、身体機能訓練、認知症ケア、生活支援などを行います。

1.2 ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護保険制度に基づき、高齢者やその家族の介護計画を作成し、必要な介護サービスの利用を支援する国家資格です。具体的には、利用者や家族との面談、介護サービス事業者との連携、ケアプランの作成・変更・評価などを行います。

2. それぞれの資格取得方法

2.1 介護福祉士

2.1.1 介護福祉士国家試験

介護福祉士の資格を取得するには、年に1回実施される「介護福祉士国家試験」に合格する必要があります。試験は、筆記試験と実技試験の2つで構成されています。

2.1.2 受験資格

  • 高等学校卒業程度以上の学歴
  • 厚生労働大臣指定の養成施設でカリキュラムを修了
  • 介護実務経験3年以上

2.2 ケアマネージャー

2.2.1 介護支援専門員実務研修受講試験

ケアマネージャーの資格を取得するには、年に1回実施される「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があります。

2.2.2 受験資格

  • 大学卒業程度以上の学歴
  • 厚生労働大臣指定の養成施設でカリキュラムを修了
  • 介護福祉士、看護師、精神保健福祉士などの指定資格を持っている

2.2.3 介護支援専門員実務研修

試験合格後に、130時間の介護支援専門員実務研修を受講する必要があります。

3. それぞれのキャリアパス

3.1 介護福祉士

介護福祉士は、介護施設や病院、訪問介護事業所などで勤務することができます。経験を積むことで、主任介護福祉士や介護長などの役職に就いたり、独立して訪問介護事業所を開設したりすることも可能です。

3.2 ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護保険施設や居宅介護支援事業所などで勤務することができます。経験を積むことで、スーパーバイザーやケアマネージャー主任などの役職に就いたり、独立して居宅介護支援事業所を開設したりすることも可能です。

4. それぞれの年収

4.1 介護福祉士

介護福祉士の年収は、勤務形態や経験、地域によって異なりますが、平均年収は約330万円です。

4.2 ケアマネージャー

ケアマネージャーの年収は、勤務形態や経験、地域によって異なりますが、平均年収は約470万円です。

5. 資格取得を目指すための学習方法

5.1 介護福祉士

  • 介護福祉士養成施設に通学する
  • 通信講座で学習する
  • 独学で学習する

5.2 ケアマネージャー

  • ケアマネージャー養成施設に通学する
  • 通信講座で学習する
  • 独学で学習する

6. 役立つ参考書籍・資料

6.1 介護福祉士

  • 介護福祉士テキスト
  • 介護福祉士国家試験問題集
  • 介護福祉士の仕事がわかる本

6.2 ケアマネージャー

  • ケアマネージャーテキスト
  • 介護支援専門員実務研修受講試験問題集
  • ケアマネージャーの仕事がわかる本

7. まとめ

介護福祉士とケアマネージャーは、高齢者やその家族の生活を支える重要な役割を担う仕事です。

それぞれの仕事内容、資格取得方法、キャリアパス、年収などを理解した上で、自分に合った資格を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました