当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【2024年最新】介護福祉士・ケアマネジャーになるメリット・デメリット5選!高収入・安定性・やりがいを徹底解説!

PR―介護士の就職・転職

あなたは、誰かの役に立つ仕事で、充実した毎日を送りたいと思いませんか?

高齢化社会が進む現代、介護福祉士やケアマネジャーは、社会から必要とされる重要な役割を担っています。

しかし、これらの仕事は、やりがいがある一方で、責任も重く、負担も大きいのが現実です。

そこで今回は、介護福祉士・ケアマネジャーになるメリットとデメリットをそれぞれ5つずつ、徹底解説します。

さらに、高収入・安定性・やりがいといった、これらの仕事の魅力についても詳しく紹介します。

この記事を読めば、自分に合った仕事かどうかを、より慎重に判断することができるでしょう。

1. 介護福祉士・ケアマネジャーの役割

介護福祉士は、高齢者や障がい者の方の日常生活をサポートする専門職です。

食事や入浴、排泄などの身体介護や、移動やレクリエーションなどの生活支援を行います。

一方、ケアマネジャーは、介護保険制度に基づいて、利用者の方の介護プランを作成・管理する専門職です。

利用者の方の心身の状況や希望を聞き取り、適切な介護サービスを提供するよう、介護事業者や関係機関と連携します。

介護福祉士とケアマネジャーは、チームを組んで利用者の方の生活を支えています。

2. 介護福祉士・ケアマネジャーになる5つのメリット

1. 高収入: 国家資格を持っているため、比較的安定した収入を得られます。

  • 介護福祉士の平均年収は約300万円
  • ケアマネジャーの平均年収は約400万円
  • 経験やスキル、勤務地によって給与はさらに上がる可能性
  • 副業・兼業も可能

2. 安定性: 高齢化社会の影響で、今後も需要が拡大していくため、安定した雇用が期待できます。

  • 厚生労働省の調査によると、2025年には介護福祉士の需要が約35万人、ケアマネジャーの需要が約7万人になると予想
  • 人材不足が続いているため、転職も比較的容易
  • 定年まで長く働ける

3. やりがい: 利用者の方の生活を支え、感謝の言葉を頂けるなど、やりがいのある仕事です。

  • 利用者の方の笑顔や感謝の言葉は、何物にも代え難い喜び
  • 人の役に立つことで、自己肯定感や社会貢献意識を高められる
  • 日々の仕事を通して、自身の成長を実感できる

4. スキルアップ: 介護に関する知識や技術を身につけられるため、自身のスキルアップに繋げることができます。

  • 介護技術や知識は、日常生活にも役立つ
  • 資格取得や研修制度など、スキルアップを支援する制度が充実
  • 専門性を高めることで、キャリアアップも可能

5. 人間関係: 利用者やその家族、同僚との温かい人間関係を築ける

  • 利用者の方との信頼関係は、大きなやりがいとなる
  • 介護の仕事を通して、仲間との強い絆が生まれる
  • 人間関係の悩みを相談できる環境がある

3. 介護福祉士・ケアマネジャーになる5つのデメリット

1. 仕事量が多い: 介護は体力を使う仕事であり、時間外労働も多い

  • 利用者の方の身体介護は、体力を使う
  • 夜勤や休日出勤がある
  • 繁忙期は、長時間労働になることもある

2. 精神的な負担: 利用者の方の死や家族とのトラブルなど、精神的な負担が大きい

  • 利用者の方の死は、精神的に大きな負担となる
  • 家族とのトラブルに巻き込まれることもある
  • ストレス管理が重要

3. 給与: 他の職種と比べると、給与は低い

  • 他の職種と比べると、給与水準は低い
  • 責任の割には給与が低いと感じる人もいる
  • 夜勤や休日出勤の割増賃金がある

4. 資格取得: 国家資格を取得するためには、勉強や実務経験が必要

  • 介護福祉士国家試験の合格率は約60%
  • ケアマネジャー試験の合格率は約30%

4. 介護福祉士・ケアマネジャーになるための最終的な検討事項

上記のメリットとデメリットを踏まえ、自分に合った仕事かどうかを判断するために、以下のポイントを検討しましょう。

1. 自分の価値観と仕事内容のマッチ度: 人の役に立つことに喜びを感じられるか、介護の仕事に興味があるか

2. 責任感と精神的な強さ: 利用者の方の命や生活を預かる責任感と、精神的な負担に耐えられる強さ

3. 体力と健康: 介護は体力を使う仕事なので、健康に自信があるか

4. キャリアプラン: 将来どのようなキャリアを築きたいか

5. 資格取得への覚悟: 国家資格取得のための勉強や実務経験に、時間と労力を費やす覚悟があるか

これらのポイントを慎重に検討することで、後悔のない選択をすることができます。

5. まとめ

介護福祉士・ケアマネジャーは、社会から必要とされる重要な役割を担い、やりがいのある仕事です。

しかし、責任も重く、負担も大きい仕事であることを忘れてはいけません。

この記事で紹介したメリットとデメリットを参考に、自分に合った仕事かどうかを慎重に判断してください。

介護福祉士・ケアマネジャーになるための具体的な方法や、よくある質問への回答は、以下の記事をご覧ください。

 

 

 

関連情報

介護福祉士国家試験

ケアマネジャー試験

介護業界の求人情報

この記事が、あなたのキャリア選択に役立つことを願っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました