当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護職の給与相場と待遇は?働き方別に比較!

PR―介護士の就職・転職

人手不足が続く介護業界で、あなただけの働き方を見つける!給与・待遇・働き方を徹底比較!

介護業界は人手不足が深刻化しており、2025年には介護職員が37万人不足する見込みです。

この状況下で、**「自分に合った働き方で、やりがいを感じながら、しっかりと稼ぎたい!」**と考える人が増えています。

この記事では、介護職の給与相場と待遇を、働き方別に詳しく比較します。

さらに、「高収入を得られる」、**「ワークライフバランスを実現できる」**など、それぞれの働き方のメリットとデメリットを徹底解説!

あなたの希望に合った働き方を見つけるヒントとなるでしょう。

あなただけの理想の介護職を見つけ、充実したキャリアを築きませんか?

  1. 介護職の給与相場と待遇:働き方別比較
  2. 介護職の給与・待遇を左右する要素
  3. あなただけの理想の介護職を見つけよう!
    1. 高収入を得たい人
    2. ワークライフバランスを実現したい人
    3. 自分のペースで働きたい人
    4. 様々な施設で経験を積みたい人
    5. 利用者様との信頼関係を築きたい人
  4. 介護職は、人々の生活を支える重要な仕事です。
  5. 介護職の資格取得ガイド
    1. 1. 介護職の資格の種類
      1. 1.1 必須資格
      2. 1.2 役立つ資格
    2. 2. 資格取得方法
      1. 2.1 研修・講習を受講する
      2. 2.2 試験に合格する
    3. 3. 自分に合った資格を選ぶ
      1. 3.1 目指す仕事内容
      2. 3.2 現在の状況
    4. 4. 資格取得のための勉強方法
      1. 4.1 独学
      2. 4.2 講座・スクール
    5. 5. 資格取得後のキャリアパス
      1. 5.1 介護職員
      2. 5.2 ケアマネージャー
      3. 5.3 その他
    6. 6. よくある質問
    7. 7. 参考情報
  6. 介護職のキャリアアップパス
    1. 1. 専門職としてキャリアアップ
    2. 2. マネジメント職としてキャリアアップ
  7. 介護職の働き方とキャリアアップ
  8. 介護職の働き方改革:詳細解説
    1. 背景と課題
    2. 具体的な取り組み
    3. 今後の課題
  9. 介護職の仕事とプライベートの両立
    1. 1. 自分に合った働き方を見つける
    2. 2. 職場環境を整える
    3. 3. オンオフの切り替えを意識する
    4. 4. 周囲の理解を得る
    5. 5. 自己管理を徹底する
    6. 6. 情報収集をする
    7. 7. 自分を大切にする
    8. 8. 両立は完璧を目指す必要はない
    9. 9. 情報収集を継続する
    10. 10. 自分を信じて、諦めない
  10. 介護職のやりがいと苦労
    1. やりがい
    2. 苦労
  11. 介護職の仕事に役立つ情報
  12. まとめ

介護職の給与相場と待遇:働き方別比較

介護職の給与は、働き方勤務時間勤続年数資格地域施設の経営状況などによって大きく異なります。

■ 正社員

  • 平均月給: 24.5万円
  • 平均年収: 360万円
  • 主な待遇: 社会保険完備、通勤手当、住宅手当、各種手当、昇給制度、各種休暇

正社員は、安定した収入と充実した待遇が期待できます。社会保険完備はもちろん、通勤手当や住宅手当など、働きやすい環境を整えるための手当も充実しています。勤続年数に応じて昇給制度があり、キャリアアップとともに収入アップも目指せます。

■ パート・アルバイト

  • 平均時給: 1,200円~1,500円
  • 主な待遇: 社会保険の一部またはなし、各種手当、交通費支給

パート・アルバイトは、自分のペースで働けるのが魅力です。家事や育児と両立しやすい働き方が可能で、空いた時間にスキルアップを目指すこともできます。

■ 派遣

  • 平均時給: 1,300円~1,600円
  • 主な待遇: 社会保険の一部またはなし、各種手当、交通費支給

派遣は、様々な施設で経験を積むことができ、自分の能力に合った職場を見つけやすいというメリットがあります。また、正社員やパート・アルバイトとは異なり、雇用主は派遣会社となるため、人間関係のストレスが少ないのも特徴です。

■ 訪問介護

  • 平均月給: 23万円
  • 平均年収: 348万円
  • 主な待遇: 社会保険完備、各種手当、交通費支給

訪問介護は、利用者様の自宅に訪問し、一人ひとりに寄り添った介護を提供できます。利用者様との信頼関係を築きやすく、やりがいを感じやすい仕事です。

■ グループホーム

  • 平均月給: 23.5万円
  • 平均年収: 354万円
  • 主な待遇: 社会保険完備、各種手当

グループホームは、小規模な施設でアットホームな雰囲気の中で働けます。利用者様との距離が近く、家族のような関係を築けるのが魅力です。

介護職の給与・待遇を左右する要素

■ 資格

介護福祉士などの資格を持っていると、資格手当が支給され、給与がアップします。また、キャリアアップにも有利です。

■ 経験

介護職の経験が長くなるほど、給与は上がりやすくなります。責任のある仕事にも就けるようになり、スキルアップにもつながります。

■ 地域

都市部の方が地方よりも給与相場は高くなります。これは、人件費や物価の違いによるものです。

■ 施設の経営状況

経営状況が良好な施設は、給与や待遇が充実している傾向があります。

あなただけの理想の介護職を見つけよう!

高収入を得たい人

  • 正社員
  • 資格取得
  • 都市部での勤務

ワークライフバランスを実現したい人

  • パート・アルバイト
  • 訪問介護
  • グループホーム

自分のペースで働きたい人

  • パート・アルバイト
  • 訪問介護

様々な施設で経験を積みたい人

  • 派遣

利用者様との信頼関係を築きたい人

利用者様との信頼関係を築きたい方には、訪問介護グループホームがおすすめです。

■ 訪問介護

訪問介護は、利用者様の自宅に訪問し、一人ひとりに寄り添った介護を提供できます。利用者様の生活環境や習慣を理解し、ニーズに合わせたサービスを提供することで、深い信頼関係を築きやすいのが特徴です。

■ グループホーム

グループホームは、小規模な施設でアットホームな雰囲気の中で働けます。利用者様との距離が近く、家族のような関係を築けるのが魅力です。共同生活を通して、利用者様同士の交流も促進できます。

どちらの働き方にも、利用者様との信頼関係を築くためのポイントがあります。

  • 利用者様の話にしっかりと耳を傾ける
  • 利用者様の気持ちに寄り添う
  • 利用者様のプライバシーを守る
  • 約束を守る
  • 誠実な態度で接する

これらのポイントを意識することで、利用者様との信頼関係を築き、より質の高い介護を提供することができます。

利用者様との信頼関係は、介護の質を高め、利用者様の満足度向上にもつながります。

あなたも、訪問介護やグループホームで、利用者様との信頼関係を築きながら、やりがいを感じながら働いてみませんか?

介護職は、人々の生活を支える重要な仕事です。

やりがいを感じながら、自分の能力を活かして社会貢献したい方にとって、介護職は最適な仕事と言えるでしょう。

この記事を参考に、あなたに合った働き方を見つけて、介護職として活躍してください。

介護職は、あなたを待っています。

介護職の資格取得ガイド

介護職は、高齢化社会が進む現代において、ますます需要が高まっている重要な職業です。

このガイドでは、介護職を目指す方に向けて、必要な資格についてわかりやすく詳しく解説します。

1. 介護職の資格の種類

介護職の資格には、大きく分けて「必須資格」と「役立つ資格」があります。

1.1 必須資格

介護職として働くために必須な資格は、以下の2つです。

  • 介護職員初任者研修

介護の基礎知識や技術を学ぶ研修です。修了後は、介護職員として施設や事業所で働くことができます。

  • 実務者研修

介護職員初任者研修修了後、介護現場で一定期間の実務経験を積んだ方が受講できる研修です。介護の専門知識や技術をさらに深め、より高度な介護サービスを提供できるようになります。

1.2 役立つ資格

必須資格以外にも、介護職の仕事に役立つ資格はたくさんあります。

代表的な資格は以下の通りです。

  • 介護福祉士

国家資格で、介護の専門知識や技術を有する専門職です。介護職員の指導や介護計画の作成など、より高度な業務を担当することができます。

  • ケアマネージャー

国家資格で、介護を必要とする人や家族の相談を受け、介護サービス計画を作成する専門家です。

  • その他

認知症介護、生活支援技術、リハビリテーションなど、介護に関する様々な専門分野の資格があります。

2. 資格取得方法

介護職の資格取得方法は、主に以下の2つです。

2.1 研修・講習を受講する

必須資格である介護職員初任者研修や実務者研修は、厚生労働大臣指定の教育機関で受講できます。

また、役立つ資格の多くも、民間の講座やスクールで学ぶことができます。

2.2 試験に合格する

介護福祉士やケアマネージャーなどの国家資格を取得するには、試験に合格する必要があります。

試験は年に数回行われており、受験資格は各資格によって異なります。

3. 自分に合った資格を選ぶ

介護職の資格はたくさんあるので、自分の目指す仕事内容や現在の状況に合わせて選ぶことが重要です。

3.1 目指す仕事内容

  • 介護職員として現場で働きたい場合は、介護職員初任者研修と実務者研修が必須です。
  • より専門的な知識や技術を身につけたい場合は、介護福祉士を目指すのも良いでしょう。
  • 介護を必要とする人や家族の相談を受け、支援したい場合は、ケアマネージャーを目指すのが良いでしょう。

3.2 現在の状況

  • 時間や費用をかけてじっくり勉強できる場合は、独学で試験に挑戦するのも良いでしょう。
  • 早く資格を取得したい場合は、講座やスクールに通うのがおすすめです。

4. 資格取得のための勉強方法

4.1 独学

  • 厚生労働省や各都道府県のホームページから、過去問や参考資料を入手することができます。
  • 書籍やインターネット上の情報も活用しましょう。

4.2 講座・スクール

  • 介護の専門知識や技術を体系的に学ぶことができます。
  • 経験豊富な講師から直接指導を受けることができます。
  • 実習や模擬試験を通して、実践的なスキルを身につけることができます。

5. 資格取得後のキャリアパス

介護職は、資格取得後も様々なキャリアパスがあります。

5.1 介護職員

  • 介護現場での経験を積み、リーダーや主任などの役職に昇進することができます。
  • 専門分野の資格を取得することで、専門性の高い仕事に就くこともできます。

5.2 ケアマネージャー

  • 介護事業所の管理者やコンサルタントなど、より責任のある仕事に就くこともできます。
  • 独立して、自身のケアマネジメント事務所を開業することも可能です。

5.3 その他

  • 介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得した後、さらに専門性を高めるために、大学や専門学校で介護に関する専門知識を学ぶことができます。
  • 介護の研究職や教育職に就くことも可能です。

6. よくある質問

Q. 介護職に年齢制限はありますか?

A. 特にありません。年齢に関係なく、誰でも介護職を目指せます。

Q. 介護職は体力が必要ですか?

A. 介護の仕事には、利用者様の移動介助など、体力を使う場面もあります。日頃から体力づくりをしておくことをおすすめします。

Q. 介護職は女性が多いですか?

A. 介護職は女性が多いですが、近年は男性も増えています。

7. 参考情報

  • 厚生労働省 – 介護保険制度
  • 中央職業能力開発協会 – 介護職員
  • 介護福祉士国家試験
  • ケアマネージャー国家試験

介護職は、高齢化社会が進む現代において、ますます需要が高まっている重要な職業です。

このガイドを参考に、自分に合った資格を選び、介護職を目指しましょう。

介護職のキャリアアップパス

介護職のキャリアアップパスは、大きく分けて2つあります。

1. 専門職としてキャリアアップ

介護福祉士の資格を取得し、さらに専門性を高めることで、介護主任やユニットリーダー、ケアマネージャーなどのスペシャリストを目指すことができます。

2. マネジメント職としてキャリアアップ

介護現場での経験を積み、リーダーシップを発揮することで、サービス管理責任者や施設長などの管理職を目指すことができます。

具体的なキャリアアップパス

以下に、それぞれのキャリアアップパスの具体的なステップをご紹介します。

専門職としてキャリアアップ

  1. 介護職員としての実務経験を積む
  2. 介護福祉士の資格を取得する
  3. 専門研修を受講する
  4. 介護主任、ユニットリーダー、ケアマネージャーなどのスペシャリストを目指す

マネジメント職としてキャリアアップ

  1. 介護職員としての実務経験を積む
  2. リーダーシップ研修を受講する
  3. サービス管理責任者の資格を取得する
  4. 施設長を目指す

キャリアアップするために必要なこと

介護職でキャリアアップするためには、以下のことが必要です。

  • 介護に関する知識と技術を習得する
  • コミュニケーション能力を高める
  • リーダーシップを発揮する
  • 積極的に研修に参加する
  • 資格を取得する

介護職は、やりがいのある仕事です。 自分のスキルアップを目指して、積極的にキャリアアップに取り組んでいきましょう。

介護職の働き方とキャリアアップ

介護職は、様々な働き方があり、キャリアアップも可能です。

■ 介護職員初任者研修

介護職として働くためには、**「介護職員初任者研修」**の修了が必要です。この研修は、介護の基礎知識や技術を学ぶことができます。

■ 介護福祉士資格

介護福祉士資格を取得すると、より専門的な知識や技術を身につけ、給与アップにもつながります。

■ ユニットリーダー

ユニットリーダーは、介護チームをまとめ、介護業務の管理や指導を行います。

■ ケアマネージャー

ケアマネージャーは、利用者様の状況に合わせて、介護サービス計画を作成し、サービス提供を管理します。

■ 管理者

管理者は、施設全体の運営を責任います。

介護職の仕事は、決して楽ではありません。しかし、利用者様の笑顔や感謝の言葉は、何物にも代え難い喜びを与えてくれます。

介護業界は、人手不足が深刻化しており、あなたの力が必要です。

自分に合った働き方を見つけ、やりがいを感じながら、人々の生活を支える仕事にチャレンジしてみませんか?

介護職の働き方改革:詳細解説

背景と課題

近年、介護業界は深刻な人手不足に直面しており、長時間労働や低賃金といった問題も指摘されています。こうした状況を改善し、介護職の労働環境を整備するために、政府は「働き方改革」を推進しています。

具体的な取り組み

介護職の働き方改革には、以下のような取り組みがあります。

1. 時間外労働の上限規制

  • 介護職員の法定労働時間は週40時間、月80時間です。
  • 時間外労働は、原則として月45時間・年360時間までとされています。
  • これを超える時間外労働は、介護事業者にとって罰則の対象となります。

2. 介護報酬の見直し

  • 時間外労働を抑制し、効率的な業務運営を促すため、介護報酬の見直しが進められています。
  • 具体的には、夜勤や早朝勤務の加算、休日出勤の手当、時間外労働削減への支援などが行われています。

3. ICTの活用

  • 介護記録やケアプランの作成、利用者情報の共有などをITツールで行うことで、事務作業の負担を軽減します。
  • 介護ロボットや見守りセンサーなどの導入により、身体的負担を軽減し、介護職員の業務効率化を図ります。

4. 職種の見直し

  • 介護職員の仕事は、専門性の高い業務とそうでない業務に分類されます。
  • 専門性の高い業務は介護職員が担当し、事務作業や食事介助などの比較的単純な業務は、介護助手やヘルパーなどの非専門職に任せることで、介護職員の負担を軽減します。

5. 働き方の多様化

  • 介護職員のニーズに合わせて、パートタイムや短時間勤務、フレックスタイム制などの多様な働き方を導入します。
  • 男性や外国人など、新たな人材の確保に向けた取り組みも進められています。

6. キャリアパス形成の支援

  • 介護職員のスキルアップを支援するため、研修や資格取得支援などの制度を充実させます。
  • キャリアパスを明確化することで、介護職員のモチベーション向上を図ります。

7. 労働環境の改善

  • 職場環境の改善や、メンタルヘルス対策など、介護職員が働きやすい環境づくりを進めます。
  • 介護職員の健康管理やワークライフバランスの支援も重要です。

今後の課題

介護職の働き方改革は、まだ始まったばかりであり、多くの課題があります。

  • 介護事業者における経営改善
  • ICT導入の推進
  • 非専門職の育成
  • 介護職員の待遇改善

これらの課題を解決するためには、政府、介護事業者、介護職員が一体となって取り組むことが重要です。

参考情報

  • 厚生労働省「介護職員の働く環境改善に向けた政策パッケージ」
  • 介護労働安定センター「介護職の働き方改革」
  • リコー「介護業界における働き方改革とは」

関連用語

  • 時間外労働の上限規制
  • 介護報酬
  • ICT
  • 職種の見直し
  • 働き方の多様化
  • キャリアパス形成
  • 労働環境の改善

介護職の仕事とプライベートの両立

介護職は、人々の生活を支えるやりがいのある仕事ですが、責任が重く、体力を使うため、仕事とプライベートの両立が難しいと感じる人も多いのが現状です。しかし、近年では働き方改革や制度の充実により、両立しやすい環境が整いつつあります。

ここでは、介護職とプライベートを両立するためのポイントと、具体的な取り組みについて詳しく解説します。

1. 自分に合った働き方を見つける

1.1. 勤務形態

  • 正社員

    • 安定した収入と雇用保障
    • 社会保険完備
    • 昇進・昇給の可能性
    • 長時間労働になりやすい
    • 休暇取得が難しい場合がある
  • パート・アルバイト

    • 自分のペースで働ける
    • 家事や育児と両立しやすい
    • 収入が不安定
    • 社会保険の加入が限定される場合がある
    • キャリアアップが難しい
  • 派遣

    • さまざまな職場で経験を積める
    • 人手不足の施設で働きやすい
    • 雇用が不安定
    • 派遣会社への手数料がかかる

1.2. シフト制・フレックスタイム制

  • 介護施設によって、さまざまなシフト制度があります。
  • 自分のライフスタイルに合わせて、希望の勤務時間帯を選択できる制度もあります。
  • 例:
    • 早番・遅番・夜勤のシフト制
    • 週3日勤務、週4日勤務などのフレックスタイム制

2. 職場環境を整える

2.1. 職場選びのポイント

  • 労働時間
    • 長時間労働が常態化していないか
    • 残業時間の上限が設けられているか
    • 休暇取得がしやすい環境か
  • スタッフの人数
    • 人手不足で常に忙しくないか
    • 休憩やプライベートの時間が確保できるか
  • 職場環境
    • 人間関係が良好か
    • 働きやすい雰囲気か
    • サポート体制が充実しているか

2.2. 積極的に利用できる制度

  • 育児・介護休暇
  • 短時間勤務制度
  • フレックスタイム制
  • 時間休暇
  • 各種助成金

3. オンオフの切り替えを意識する

3.1. 仕事とプライベートの時間を明確にする

  • 仕事中は仕事に集中し、プライベート中は仕事のことを考えない
  • 勤務時間外は連絡を控える
  • 休暇はしっかりと休息を取る

3.2. ストレス解消方法を見つける

  • 運動
  • 趣味
  • 家族や友人との交流
  • リラックスできる時間を作る

4. 周囲の理解を得る

4.1. 家族や友人と話し合う
  • 仕事とプライベートの両立を目指すことを伝え、理解を得る
  • 家事や育児を分担してもらう
  • 協力してもらいながら、無理なく働ける環境を作る

4.2. 職場で相談する

  • 働き方について相談しやすい環境か確認する
  • 困っていることがあれば、上司や同僚に相談する
  • 職場全体で働き方改革に取り組んでいるか確認する

5. 自己管理を徹底する

5.1. 健康管理

  • 規則正しい生活習慣を送る
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • バランスの良い食事を摂る
  • 定期的に健康診断を受ける

5.2. メンタルヘルス

  • ストレスを溜め込まない
  • 自分の気持ちに正直になる
  • 必要に応じてカウンセリングを受ける

6. 情報収集をする

6.1. 介護業界の働き方改革

  • 政府や業界団体が進める取り組み
  • 働きやすい職場を探すための情報
  • キャリアアップに関する情報

6.2. 両立支援制度

  • 国や自治体の制度
  • 民間企業の制度
  • 各種助成金

7. 自分を大切にする

7.1. 無理をしない

  • 体調や気持ちに異変を感じたら、すぐに休みを取る
  • 完璧を目指さない
  • 周囲の人に頼る
7.2. 自分自身をリフレッシュする

仕事とプライベートを両立するためには、自分自身をリフレッシュすることが大切です。以下は、リフレッシュ方法の例です。

  • 趣味や好きなことをする
  • 旅行に行く
  • 自然に触れる
  • 運動をする
  • マッサージを受ける
  • 十分な睡眠をとる
  • 好きな音楽を聴く
  • アロマテラピーをする
  • 何もせずにゆっくり過ごす

7.3. 目標を設定する

仕事とプライベートの両立を目標として、具体的な計画を立てることが重要です。以下は、目標設定の例です。

  • 週に〇回はプライベートの時間を確保する
  • 1ヶ月に〇回は趣味の時間を過ごす
  • 毎日〇分間は運動する
  • 1年以内に〇kg痩せる
  • 資格を取得する

7.4. 周囲の人に感謝する

仕事とプライベートを両立するためには、周囲の人の理解と協力が必要です。感謝の気持ちを伝えることで、より良い関係を築くことができます。

  • 家族や友人に感謝の気持ちを伝える
  • 職場の同僚や上司に感謝の気持ちを伝える
  • 利用者やご家族に感謝の気持ちを伝える

8. 両立は完璧を目指す必要はない

仕事とプライベートの完璧な両立は難しいです。時には仕事に集中する時期、時にはプライベートに集中する時期と、バランスをとりながら進んでいくことが大切です。

9. 情報収集を継続する

介護業界の働き方改革や両立支援制度は日々進化しています。最新情報を収集することで、より働きやすい環境を見つけることができます。

10. 自分を信じて、諦めない

仕事とプライベートの両立は簡単ではありません。しかし、自分を信じて、諦めずに努力を続けることで、必ず道は開けます。

介護職は、人々の生活を支えるやりがいのある仕事です。仕事とプライベートを両立しながら、長く続けられる職場環境を見つけましょう。

介護職のやりがいと苦労

やりがい

  • 人の役に立っている実感

利用者様の生活を支え、笑顔や感謝の言葉をいただけることは、介護職最大のやりがいです。特に、利用者様の状態が改善したり、目標達成に貢献できた際には、大きな達成感を得られます。

  • 人間関係の構築

利用者様やご家族と信頼関係を築き、人生の喜びや悲しみを共感することは、かけがえのない経験となります。利用者様の笑顔や感謝の言葉は、日々の苦労を忘れさせてくれる力を持っています。

  • 社会貢献の実感

高齢者 population が増加する現代社会において、介護職は社会を支える重要な役割を担っています。自分の仕事が社会貢献に繋がっているという実感は、大きな誇りとなります。

  • 専門知識・スキルの向上

介護の知識や技術は、日々進化しています。新しい知識や技術を習得することで、自身のスキルアップに繋がり、仕事へのモチベーションも高まります。

  • 幅広い年齢層と働ける

介護職は、学生からシニアまで幅広い年齢層の人が働いています。年齢や性別に関わらず、活躍できる職場環境が整っています。

苦労

  • 身体的な負担

利用者様の移動介助や入浴介助など、身体的な負担が大きい仕事です。腰痛や肩こりなどの健康リスクにも注意が必要です。

  • 精神的な負担

利用者様の死や認知症による介護の難しさなど、精神的な負担を感じることも少なくありません。

  • 人間関係

利用者様やご家族との人間関係、職場の同僚との人間関係など、様々な人間関係に気を配る必要があります。

  • 給与・待遇

介護業界全体で給与・待遇が低い傾向があります。長時間労働や夜勤も多く、ワークライフバランスの確保が難しい場合もあります。

  • 人手不足

介護業界全体で人手不足が深刻化しており、業務量が多くなることがあります。

やりがいと苦労を乗り越えるために

  • 介護の知識・技術を身につける

介護の知識や技術を身につけることで、仕事がスムーズになり、自信にも繋がります。

  • チームで仕事をする

介護職はチームで仕事をすることが重要です。同僚と協力し、情報共有を図ることで、負担を軽減することができます。

  • オンオフの切り替えをする

仕事とプライベートの時間をしっかりと分けることで、心身ともにリフレッシュすることができます。

  • 自分の気持ちに正直になる

辛いときは一人で抱え込まず、周囲に相談することが大切です。

介護職は、やりがいと苦労が共存する仕事です。しかし、しっかりと準備をすれば、やりがいを感じながら長く働き続けることができます。

介護職の仕事に役立つ情報

■ 厚生労働省: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/

■ 介護職員処遇改善センター

■ 介護人材育成センター

まとめ

介護職は、給与や待遇だけでなく、やりがいも大きい仕事です。

この記事を参考に、あなただけの理想の介護職を見つけてください。

介護職として、人々の生活を支え、社会貢献してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました