当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護士になるには何年かかりますか?資格を取る際の注意点

PR―介護士の就職・転職

介護士になるには何年かかりますか?

介護士は、高齢者や障害者の日常生活を支える重要な職業です。

介護士になるには、介護福祉士の資格が必要です。介護福祉士の資格を取得するには、いくつかの方法がありますが、最短で1年で取得することができます。

ここでは、介護福祉士の資格を取得する方法と、それぞれの所要期間についてご紹介します。



介護福祉士の資格を取得する方法

介護福祉士の資格を取得する方法は、大きく分けて3つあります。

  1. 養成施設で学ぶ
  2. 通信講座で学ぶ
  3. 実務経験を積む

1. 養成施設で学ぶ

養成施設とは、介護福祉士の資格を取得するための学校です。

2年制と3年制の養成施設があり、2年制の養成施設では最短で2年間で介護福祉士の資格を取得することができます。

2. 通信講座で学ぶ

通信講座は、自宅で介護福祉士の資格を取得できる講座です。

通信講座には、スクーリングや課外講座が必要な講座と、必要ない講座があります。

スクーリングや課外講座が必要な講座では、最短で1年で介護福祉士の資格を取得することができます。

3. 実務経験を積む

実務経験とは、介護の仕事に就いて、介護の知識や技術を身につけることです。

介護の仕事に3年以上従事すると、介護福祉士の受験資格を取得することができます。

介護福祉士の資格を取得する際の注意点

介護福祉士の資格を取得する際は、いくつか注意点があります。

  1. 受験資格を確認する

介護福祉士の国家試験は、受験資格が定められています。受験資格は、養成施設を卒業する、実務経験を積む、などの方法で取得することができます。

  1. 勉強を計画する

介護福祉士の国家試験は、合格率が70%程度と比較的合格しやすい試験です。

しかし、勉強をしなければ合格することはできません。試験までに、勉強を計画して、計画どおりに勉強を進めることが大切です。

  1. 試験に合格する

介護福祉士の国家試験に合格すれば、介護福祉士の資格を取得することができます。

資格を取得すれば、介護の仕事に就くことができます。

まとめ

介護士になるには、介護福祉士の資格が必要です。

介護福祉士の資格を取得する方法は、養成施設で学ぶ、通信講座で学ぶ、実務経験を積む、の3つあります。

介護福祉士の資格を取得する際は、受験資格を確認して、勉強を計画し、試験に合格することが大切です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました