当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

介護士の転職給料アップ!転職面接で聞かれやすい質問と回答例

PR―介護士の就職・転職

介護士として働きながら、給料アップを考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、転職を成功させるためには、給与交渉も含めた準備が欠かせません。

そこで、本記事では、介護士の転職給料アップに役立つ情報をご紹介します。具体的には、

介護士の給料アップの現状

給料アップを成功させるためのポイント

転職面接で聞かれやすい質問と回答例

について解説します。


介護士の給料アップの現状

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、介護職員の平均年収は362万円です。これは、全産業の平均年収(433万円)と比べて約19%低い水準です。

また、介護職員の給料は、勤続年数や資格の有無、勤務先の規模や地域によっても大きく異なります。

例えば、勤続年数が5年以上の介護福祉士の平均年収は420万円ですが、勤続年数が10年以上の介護福祉士の平均年収は480万円と、10年で60万円も給料がアップします。

また、介護福祉士の資格を取得していない介護職員の平均年収は320万円ですが、介護福祉士の資格を取得すると、平均年収が40万円アップします。

さらに、勤務先の規模が大きいほど、給料が高くなる傾向があります。例えば、従業員数100人以上の介護事業所の介護職員の平均年収は380万円ですが、従業員数10人未満の介護事業所の介護職員の平均年収は320万円と、60万円も給料が異なります。

給料アップを成功させるためのポイント

介護士の給料アップを成功させるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

自分の市場価値を把握する

まずは、自分の市場価値を把握することが大切です。そのためには、自分の勤続年数や資格の有無、勤務先の規模や地域などを踏まえて、自分の給料が妥当かどうかを判断しましょう。

給料アップを希望する場合は、自分の市場価値を高めることも重要です。そのためには、資格取得やスキルアップなど、自分のキャリアアップに取り組みましょう。

給料交渉の準備をする

転職を希望する場合は、給料交渉の準備をしておきましょう。そのためには、前職の給与明細や、転職先の給与体系などを事前に確認しておきましょう。

また、給料交渉のポイントを押さえることも大切です。具体的には、

* 自分の市場価値を主張する * 給料アップの理由を明確にする * 交渉は臨機応変に対応する

といった点に注意しましょう。

転職面接で聞かれやすい質問と回答例

転職面接では、給料交渉の前に、給料に関する質問をされることがあります。以下に、転職面接で聞かれやすい質問と回答例をご紹介します。

前職の給与はいくらでしたか?

→「前職の給与は300万円でした。介護福祉士の資格を取得したことで、スキルアップを図り、給与アップを希望しています。」

転職を希望する理由は何ですか?

→「これまでは、デイサービスで勤務していましたが、より専門的なスキルを身につけたいと思い、訪問介護の求人に応募しました。」

給与アップを希望する理由は何ですか?

→「前職では、介護福祉士の資格を取得したことで、スキルアップを図りました。その結果、より責任のある仕事を任されるようになりました。しかし、給与は上がらず、やりがいに見合った給与を希望するようになりました。」

介護士の転職給料アップを成功させるためのまとめ

介護士の転職給料アップを成功させるためには、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

自分の市場価値を把握する

まず、自分の市場価値を把握することが大切です。そのためには、自分の勤続年数や資格の有無、勤務先の規模や地域などを踏まえて、自分の給料が妥当かどうかを判断しましょう。

給料アップを希望する場合は、自分の市場価値を高めることも重要です。そのためには、資格取得やスキルアップなど、自分のキャリアアップに取り組みましょう。

給料交渉の準備をする

転職を希望する場合は、給料交渉の準備をしておきましょう。そのためには、前職の給与明細や、転職先の給与体系などを事前に確認しておきましょう。

また、給料交渉のポイントを押さえることも大切です。具体的には、

* 自分の市場価値を主張する * 給料アップの理由を明確にする * 交渉は臨機応変に対応する

といった点に注意しましょう。

転職面接で給料に関する質問に答える

転職面接では、給料に関する質問をされることがあります。以下に、転職面接で聞かれやすい質問と回答例をご紹介します。

前職の給与はいくらでしたか?

→「前職の給与は300万円でした。介護福祉士の資格を取得したことで、スキルアップを図り、給与アップを希望しています。」

転職を希望する理由は何ですか?

→「これまでは、デイサービスで勤務していましたが、より専門的なスキルを身につけたいと思い、訪問介護の求人に応募しました。」

給与アップを希望する理由は何ですか?

→「前職では、介護福祉士の資格を取得したことで、スキルアップを図りました。その結果、より責任のある仕事を任されるようになりました。しかし、給与は上がらず、やりがいに見合った給与を希望するようになりました。」

以上のポイントを押さえて、介護士の転職給料アップを成功させましょう。

具体的な対策

具体的な対策としては、以下のようなものが挙げられます。

資格取得

介護福祉士の資格を取得することで、給料アップが期待できます。また、介護支援専門員や実務者研修修了者などの資格を取得することで、さらに給料アップが期待できます。

スキルアップ

介護技術やコミュニケーション能力を身につけることで、給料アップが期待できます。そのためには、セミナーや研修などに参加したり、現場で積極的にスキルアップに取り組んだりしましょう。

転職

給料アップを希望する場合は、転職も一つの方法です。転職先の給与体系や、給料交渉のしやすさなどを比較検討して、自分に合った転職先を見つけましょう。

注意点

給料アップを希望する場合は、以下の点に注意しましょう。

給料アップの理由を明確にする

給料アップを希望する理由を明確にすることで、相手に納得してもらいやすくなります。

臨機応変に対応する

給料交渉は、臨機応変に対応することも大切です。相手が提示してきた条件を鵜呑みにせず、自分の希望する条件を主張しましょう。

過度な期待はしない

給料アップは、必ずしも実現するとは限りません。過度な期待はせず、現実的な目標を立てましょう。

上記の対策を参考に、介護士の転職給料アップを成功させましょう。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました